未分類

アレルケアで大腸がんが予防に

免疫力の向上がカギになる

人間の体内の細胞は分裂するときにDNAがコピーされるのですが、100%完璧にコピーできるわけではありません。時にはミスコピーされてしまいますが、それががん細胞となってしまいます。このがん細胞は1日に数千~1万個もできると言われており、大腸がんの予防を行うためには出来てしまったがん細胞を増殖させないことがたいせつです。

そのカギを握っているのが免疫力です。ウイルスや細菌の侵入を防ぐための免疫細胞には人間の体内のがん細胞となりうるミスコピーされた細胞も退治してくれる働きがあるため、がん予防には免疫力の向上を目指しましょう。

 

アレルケアが免疫力を上げる

アレルケアには免疫力を向上させる働きがありますので、ミスコピーされた細胞を退治する確率を上昇させ、がんの発生を予防する効果が期待されています。それと同時にアレルケアには腸内環境を改善する効果もあります。

また、細胞がミスコピーされたものの他に便秘の際に発生する有害なガスも大腸がんの原因になると言われています。腸内環境を改善させて便秘を防ぐことができれば、有害のガスの発生を抑制することができます。この免疫力を向上させる働きと便秘を改善する2つの働きによって、アレルケアは大腸がんを防ぐ働きが期待できるのです。

コメントを残す