未分類

乳酸菌サプリ「アレルケア」の成分は?

アレルケアに含まれる乳酸菌とは

アレルケアはL-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)を主な成分としています。乳酸菌は腸の働きを整え、便秘や下痢などの症状を改善し便通を整えます。腸内は悪玉菌、善玉菌、日和見菌がそれぞれ1:2:7で存在することが理想的だとされており、乳酸菌には善玉菌を増やす効果があります。

L-92乳酸菌はカルピスが開発した乳酸菌で、一般の乳製品では摂ることができない貴重な乳酸菌です。特にアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの抗アレルギー症状の緩和されたという報告があります。

 

腸内環境を整えると免疫力があがる

免疫をあげるカギは腸にあるといわれています。腸内には体を防御するための機能が多く備わっています。アトピー性皮膚炎などのアレルギーの原因は様々ですが、免疫細胞のバランスが崩れることによりおこることがあります。乳酸菌にはこの免疫機能のバランスを調整する働きがあります。

また、アレルギーを持つ人は腸壁がもろくなり、アレルギー物質が侵入しやすいという報告もありますが、乳酸菌には腸壁を修復する機能があります。アレルギーを持つ人がアレルケアを8週間飲んだところ飲まない人に比べて症状が緩和されたという報告があり、アレルギー症状の緩和に有効な成分とされています。

コメントを残す